家庭用エアコンと業務用エアコン、エアコン機能の違いとは

異常気象と呼ばれるほど、近年の日本の夏は気温が上昇しています。屋内にいても、熱中症で倒れる方も少なくありません。適切な温度管理で、快適な夏を過ごしたいものですね。
エアコンは、涼しい夏を送るために欠かせない家電です。エアコンには大きく分けて家庭用エアコン、業務用エアコンがあります。この違いは一体なんでしょうか。
家庭用エアコンは、今は一家に一台はあると言っても過言ではありません。その機能も大幅に改良され、単に部屋の温度を調節するだけではなく、人がいる時いない時を感知し節電する機能や、空気の汚れを取り除く浄化機能、自動にお掃除してくれる機能など、多彩化しています。省エネ機能もますますレベルアップしています。
業務用エアコンは、利用する施設によって、適合する機能が違います。一般的な事務所や商店では、部屋の広さは勿論、機器の熱にも配慮しながら選びましょう。飲食店では熱がこもりやすいので、馬力の高いものを選ぶと良いでしょう。利用者が長時間同じ場所に座る美容室は、エアコンの風向きに注意しながら設置します。業務用は、機能こそシンプルですが、施設の内容によって馬力を考えなければなりません。店舗は扉の開閉が多いため、その分力強い業務用が向いています。
小規模な施設では、家庭用か業務用か悩みどころです。人の出入りの多さ、熱の発生のしやすさ、コストパフォーマンスなどを考慮し、店舗に合ったエアコンを設置しましょう。