快適なエアコン活用のために壁掛け型業務用エアコンの選び方

エアコンの壁掛け型になっている業務用エアコンを設置するときには、部屋の広さを考えて適切なパワーを持っている機種を選ぶ必要があります。広い室内にパワーが弱いものを一台取り付けても意味がなく、電気代も無駄に使ってしまいます。風向きの機能にも配慮して、上下にスイングしたり左右も十分にカバーできるワイドな送風ができるタイプかなどを考慮して、必要な機能が備わっているか確かめ、設置する台数や設置場所も決めていきます。

費用を削減するために型落ち品などを好んで購入して設置する会社もありますが、新製品の方がよりエコで節電ができるように改善されていることも多く、10年利用した場合のトータルコストを比べると型落ち品の方がかかってしまうことがあるので、あまり性能に差がない節電が十分に行える型落ち品を選ぶことが大切です。

設置するときには、地震で落下して怪我をすることが無いように落下を防止するためしっかりと止める必要があります。壁の材質が弱く重みに耐えられなかったり、はがれやすい場合には補強を行う必要性があるので、壁の構造などが分かる図面がある場合には準備しておき、設置業者に見てもらいながら取りつけます。

業務用のエアコンは、サイズが大きくなるほど室外機の音も大きくなり、近所迷惑になってしまうことがあります。室内の快適な環境だけで選ぶのではなく、室外機にも注目して静穏タイプを選び設置する位置にも迷惑にならない場所を、設置業者と相談しながら決めると良いです。