ルームエアコンを購入する際にはエアコンの室外機の寸法に注意が必要です

ルームエアコンを購入する際にはエアコン本体の寸法に注意するものですが、室外機の寸法にも注意が必要です。特にアパートなどでは室外機をベランダなどに設置したり、最悪はベランダのない窓に取付棚が設置してあるケースもあり、そのスペースに設置出来るかどうかを確認してから購入しないと実際の取りつけが出来ないという結果になってしまうからです。
ルームエアコンは本体と室外機に分かれていることが多く、本体で吸い込んだ部屋の空気を室外機に送り、ここで熱交換を行って冷たい空気を本体側に送り本体から冷たい空気を送出して部屋を冷やすという構造になっています。
そのため室外機は非常に重要なものですが、その寸法はメーカーや機種により微妙に異なっており、その設置スペースを予め計っておくことが非常に重要となります。
最近は特に室外機が小型のものが多くなっており、またそれに合わせて取りつけスペースが確保されていること部屋も増えています。しかし、エアコンは早々頻繁に買い替える物でもなく、また旧型は安価で販売されていることが多いため、寸法が大型のものが多い物です。そのため取付スペースが小さいところに寸法の大きなものを選んでしまうと取り付けられないことになってしまいます。その為、ルームエアコンを選ぶ際には様々な条件を事前に考慮して選ぶ必要があります。
また、小さな部屋や取付スペースの状態に於いては室外機のない窓付のものもあり、このようなタイプのものを選ぶのも一つの方法です。