空調設備として欠かせないエアコンで家庭用エアコンと業務用エアコンの違いについて

暑い夏場や寒い冬場には欠かすことができないエアコンですが、家電メーカーや空調メーカーでは家庭用エアコンと業務用エアコンの二つに分けて販売しているケースが多いです。その違いは何かといえば、家庭などでも仕切られた部屋などの狭い空間で利用するエアコンが家庭用エアコンで、業務用エアコンは店舗やオフィスなどの広い空間や開閉の激しい場所で用いる違いがあります。
より厳密的な違いについては、電源、電気代、室外機による違いが生じます。電源は家庭用エアコンの場合、単相200Vが主流となりますが、業務用エアコンの場合は単相200Vの他に三相200Vの動力を電源とする場合が多いです。
そのため、三相200Vの場合であるとエアコンの持つ能力である馬力を高くすることができ、当然、馬力が高いことでスムーズに空間の冷房が出来たり、暖房が出来たりします。そして電気代による違いについては、単相の場合は基本料金が安く使用量による料金が高い特徴があり、三相の場合は基本料金は高いですが使用量による料金が割安になります。
室外機による違いとしては、家庭用エアコンの方が設置場所を取らないコンパクトタイプが多いのに対して、業務用エアコンの場合は熱交換機やコンプレッサーの大きさの違いがあるため、ある程度の設置場所を取ってしまいます。しかも業務用のエアコンは馬力が高い分だけ、ガスの圧力も高くなるので、その分の銅管の太さも太くなっています。
また配管も長い距離に対応できるのが業務用のエアコンの優れた点です。いて