業務用エアコンの消費電力は10年前のエアコンと比較すると大きく低下しています。

エアコンの性能は年を追うごとに向上しており、とくに真価が著しいポイントが消費電力についてです。家庭用エアコンはコマーシャルや家電量販店の店頭で、消費電力が大幅に低下していると盛んに宣伝されているのでご存じの方も多いでしょうが、もちろん業務用エアコンも同様に10年前の製品と比較すると、消費電力が低く抑えられるようになってきています。
冷媒の進化や、内部構造の見直し、温度調節機能の高度化などさまざまな技術改良によって、冷房能力はアップしつつも消費電力が低下している業務用エアコンですが、家庭用エアコンはと比較するとそもそもの消費電力大きいために節電効果も著しくあらわれてくるでしょう。
事業所やオフィス、作業場などの広い空間を効率よく冷房する能力のある業務用エアコンは、作動させることの多くなる夏季にかけてその電気代が大変気になるものです。機種によって差はありますが、10年前の機種と比較すると消費電力が3分の2から半分程度まで低減できている機種があります。つまり、節電した分の電気代が節約できる計算となります。
1シーズンの業務用エアコンの電気代が10万円節約できたと計算すると、10年間で100万円ものコストダウンに繋がります。そのために、設置してから年数の経っている古い業務用エアコンは、効率がよく消費電力が少ない最新の機器に更新することがトータルのコストを抑えることに繋がります。一度業務用エアコンの更新について検討してみることをおすすめします。エアコンには家庭用エアコンと業務用エアコンがあります。買い替えなどで使わなくなった際には処分するのではなく買取をしてもらうと大変有効的です。エアコンは中古でも需要があります。今まで住んでいた土地を離れ新生活を始める社会人や学生、または事業や店を開業するにあたりオフィスや店舗の内装にかかる資金をコストダウンしたい人など、エアコンを中古価格でお得に手に入れたい人は多くいると思われます。

オススメサイト/英語上達の秘訣/英語上達の秘訣/SEOアクセスアップ相互リンク集/工務店向け集客ノウハウ/生命保険の口コミ.COM/生命保険の選び方/女性の人生/ショッピングカート/驚愕頭部/オーディオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です